コンセプトライズ様PAYMUL導入

【コンセプトライズ・社長様の思い】

1997年、縁あって脱サラで始めたライブバー「THE金髪屋BAR」から20年も過ぎた2020年3月、最後のイートイン店舗を博多に出店し約2週間でその事態は起きた。
そう初めての「緊急事態宣言」の発出だ。
何も知らない、出来なかった私は、多くの人達の力を借りながら、飲食業という事業をなんとか継続してきた。
「飲食業」という素晴らしいはずの仕事は、いつも間にか「3K」などと揶揄され、若者たちの夢見るステージから遠くなり、 更に、この緊急事態で市場のステージからも消えてしまいそうに。
​100年に一度と言われるこの危機を目の前に、二十数年間乗り続けてきた船から降りることとした僕は、わずかに残ったメンバーと共に知恵を絞り汗をかき、新しい船を創り上げた。
​​そして、その船に乗り込み新たな航海に出ることができた。
​この先にどんな未来が待っているのか楽しみだ。
​そう、僕たちの旅は始まったばかりなんだ。
ピザの予約注文の応対で仕事が中断してしまう問題を解消するために、2021年2月にPAYMULオーダーシステムを導入されました。

© 2022. All rights reserved